Pocket

水・森・生命研究所の創設者であり会長である山根鉄男氏は本年(2018)のノーベル物理学賞に受賞されたアシュキン博士の研究に携わっております。“Optical trapping and manipulation of single cells using infrared laser beams”, Nature 330: 769-771 (31 Dec 1987) A.Ashkin, J.M.Dziedzic & T.Yamane  doi:10.1038/330769a0
この革新的な発明は、後のいくつかのノーベル賞受賞研究にも活用されている非常に応用性の高い手法であります。氏は科学者であり人間主義の観点からパテントは申請せず、その広い応用性で人々のためになることを選びました。そしてこの高位な賞の発表にあたっても自身の名声やそのもたらす利益には関心がなく、単に今回の受賞を喜び、友に祝福のメッセージを送ったのでした。


Português


水・森・生命研究所の創設者であり会長である山根鉄男氏は本年(2018)のノーベル物理学賞に受賞されたアシュキン博士の研究に携わっております。"Optical trapping and manipulation of single cells…

Posted by Iafv Amazon on Wednesday, November 14, 2018



 

Post by IAFV

IAFV é uma organização sem fins lucrativas para exercer atividades de projeto socioambiental educacional no Brasil.